wordpressのインストール、これでバッチリ、楽々理解!

wordpress-install

さっそくワードプレスをインストールしよう!

wordpressのダウンロードとアップロード

まず”↓wordpress公式サイト“でwordpressをダウンロードしよう。
wordpressダウンロード

wordpress“という名前のフォルダがダウンロードされるので、それをそのままサーバーにアップロードしよう。サーバーにwordpressフォルダをアップロードするにはffftpを使用する。ffftpの設定方法は

ffftpを使ってwordpressを楽々アップロードしよう!

で確認して欲しい。

wordpressのインストール

wordpressフォルダをサーバーにアップロードしたら、そのURLをブラウザで開こう。

URLの例:http://www.○○.com/wordpress/

するとブラウザに下のような画面が現れる。

wordpressをインストールしよう!

さあ、始めましょう!“をクリックしよう。

次の画面はMySQLの設定情報を入力する画面だ。MySQLのデータベースを新規作成する方法は、

wordpressにはMySQLが必須、MySQLの使い方

に書いてあるので確認して欲しい。

wordpressをインストールしよう!

ちなみにさくらインターネットサーバーではコントロールパネルにログインして”データベースの設定”をクリックすると下のような画面でMySQLの設定の確認ができる。他のレンタルサーバーを利用している場合も参考にして欲しい。

  1. データベース名“にはサーバーで設定した”データベース名“を入力する。
  2. ユーザー名“にはサーバーで設定した”データベースユーザー名“を入力する。
  3. パスワード“はサーバーで設定した”接続パスワード“を入力する。
  4. データベースのホスト名“にはサーバーで設定されている”データベースサーバ“を入力する。
  5. テーブル接頭辞“は任意なので、特に変更する必要が無ければそのままで大丈夫だ。
  6. 全ての入力が完了したら“送信“ボタンを押そう。

wordpressをインストールしよう!

すると下の画面が表示される。”インストール実行“をクリックしよう。

wordpressをインストールしよう!

次にこのようなユーザー情報入力画面が開く。

wordpressをインストールしよう!

  1. サイト名“には任意のサイト名を入力しよう。(サイト名は後からいつでも変更する事ができる)
  2. ユーザー名“には任意の名前を入力しよう。
  3. パスワード“には任意のパスワードを入力しよう。(自分のサイトを守るために数字と英字を混ぜた強力なパスワードを推奨する)
  4. メールアドレス“には自分のメールアドレスを入力する。バックアップでエラーが発生した際などにメールが届く。
  5. プライバシー“のチェックボックスに関して、googleやyahooなどの検索エンジンにあなたのサイトを発見して欲しい場合にはチェックを入れよう。発見して欲しく無い場合はチェックを外そう。通常はチェックを入れた状態で大丈夫だ。
  6. 全ての入力が完了したら“wordpressをインストールする“ボタンを押そう。

すると下の画面が開く。これでインストール完了だ!”ログイン“ボタンを押そう。

wordpressをインストールしよう!

下のようなログイン画面が開くので、先ほどのwordpressインストール時に入力した”ユーザー名“と”パスワード“を入力して”ログイン“ボタンを押そう。

wordpressをインストールしよう!

するとついに、あなたのwordpressの管理画面が開く。開いた管理画面は”ダッシュボード“とよばれる。これでwordpressを使用してサイトの構築をする準備完了だ!